静岡県清水町の鍼灸・整体院<りかばりー鍼灸整体院 清水町院>頭痛・眼精疲労、
辛い肩こり、慢性腰痛、股関節の痛み、自律神経の不調

緊張性頭痛

ストレスから頭痛、ひどくなる前に治しましょう
こんな症状が気になることはないですか?□頭全体がなにかに締め付けられているような鈍い痛み□めまい、たちくらみ□肩や首のコリ□身体的ストレス(うつむき姿勢、車の運転、不自然な姿勢、枕があっていない、体の冷え)□精神的ストレス(私生活や仕事で感じる精神的ストレス)

緊張性頭痛の症状

緊張型頭痛はもっとも多い頭痛のタイプであり、頭痛の約7割がこのタイプにあたります。
症状は、後頭部中心の鈍い痛みが主体で、片頭痛と異なり、発作性のものではない為、姿勢の変化や、階段の昇降といった日常的な動作で頭痛が増強したり吐き気がする方は少数です。基本的に緊張型頭痛は首・肩。背中周辺の筋肉の柔軟性が失われて血行不良が起こる事により、頭へ寝がれる血液、酸素が十分に供給されなかった結果起こりやすくなります。そしてその 多くは、日常生活への支障度は軽いものが多く、発作の回数の少ない人はある意味で生理的反応であるともいえます。
一方、慢性的におこる頭痛は生活の質(QOL)を大きく低下させ、高度の障害を惹き起こす深刻な疾患になる要素の持ち合わせています。

緊張性頭痛の施術

主な原因が精神的ストレスである頭痛に対しては、鍼灸による治療は極めて効果的です。月経困難症の症状の一つとして出現する頭痛に対しては、頭痛だけを軽減する治療ではなく、月経困難症全体を治していく方向で治療します。瘂門(あもん)・風池(ふうち)・天柱(てんちゅう)・大椎(だいつい)・百会(ひゃくえ)、太陽(たいよう)など、まず頭痛が発症する頭部の経穴を刺激します。しかし、経穴だけにこだわるのではなく、頭部を走行する経絡を重視してその走行ルートを考慮した治療を行います。なお、脳圧が高くなって、くも膜下出血などを引き起こすことがないよう、後頭部には強い刺激は避けて、なるべくソフトな刺激を心がけていきます。高血圧症の患者に対しても強い刺激は避けて治療を行います。

緊張型頭痛は、第2・第3頚椎周囲がこりやすい

長時間の不良姿勢により、首に負担がかかり筋肉が過緊張状態となって血管が収縮し頭に充分な血液が送られなくなることで頭痛が起こります。鍼灸は鍼をうつことによって血管が拡張し血液の循環を改善して筋肉を緩め、痛みを緩和します。

頭痛の対策方法

温めてこりをほぐす。マッサージ、蒸しタオル、半身浴などで温めて、首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくしましょう。ストレッチも効果的です。頭痛が始まったら、心身にストレスを加えていることを中止し、例えばその場所から離れるなどして、早めに気分転換をしましょう。

当院の施術の流れ

当院の緊張性頭痛への施術は、鍼・骨格調整を中心とした施術となります。

ヒアリング
1. ヒアリング
まずはその方の症状原因をしっかりと見極めるために、ヒアリングをしていきます。
検査
2. 検査
簡単な動きの検査法をします。
説明
3. 説明
どういった原因で症状が出ているか、説明をしていきます。
鍼治療・骨格調整
4. 鍼治療・骨格調整
ベットで行ないます。
各種補助療法
5. 各種補助療法
原因に基づいて、必要な療法を組み合わせます。
計画
6. 計画
今後の内容や来院ペース・回復の期間などを具体的に説明します。
予約
7. 予約
次回の日時の予約をします。
メールフォームからお問い合わせ