静岡県清水町の鍼灸・整体院<りかばりー鍼灸整体院 清水町院>頭痛・眼精疲労、
辛い肩こり、慢性腰痛、股関節の痛み、自律神経の不調

肩こり

重い肩や肩こりからくる頭痛に悩んでいませんか?
こんな症状が気になったり、当てはまることはありませんか?□デスクワークが多い□常に肩が重い□マッサージや整体に行ってもすぐに辛くなる□姿勢が悪いとよく言われる□一日中パソコンに向かっている□頭痛がよくある□荷物をいつも同じ側で持つ

肩こりの症状

「肩こり」とは首から肩、背中にかけての筋肉のこわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みに至る症状の総称です。日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現が用いられていますが、これは日本独特のもので、外国では首や背中の疾患として示しています。日本の国民病ともいわれています。

肩こりの原因は筋肉の疲れや過緊張、筋肉の中での血行不良によるこることが多いです。また、夏の暑い日の冷房によって、首から肩の筋肉が持続的に冷やされることによる血行障害を起こすなどの外部要因からの肩こりもあります。

仕事や家事などで同じ姿勢をとり続けることにより、頭や腕を支える背中の大きな筋肉である僧帽筋やその周りの筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなって血流の循環障害が起こり、そのため筋肉を動かす時に必要な酸素や栄養分が末端まで届かず疲労物質が蓄積されることにより、これを刺激として肩こりを起こすと考えられています。忘れてはならないのは、ストレスにより身体に力みがあり血行不良を起こすもの、内臓の異常からの反射で辛くなるもの、歯の嚙み合わせ不全からなる肩こりなど、多面的な視点で判断する必要性が出てきます。

多くの原因により、後頭部から鎖骨、肩甲骨周囲、さらには背中にまで続く筋肉に問題や異常がおこり、これらの症状が引き起こされるのです。

症状

肩が張る、肩が凝(こ)る、肩が重い、肩の上に鎧を乗せられたようだ、首から背中にかけて重だるい、横にならば楽だが起き上がると辛さを感じる、
また上記症状に伴って、頭痛、頭が重い、目の疲れ、瞼のケイレン、吐き気、めまい、歯が浮いた感じがする、顎が痛む、手や足や肩が痛む 等もあります。

東洋医学的な原因の捉え方

東洋医学では「身体」と「精神」はお互いに影響しあうと考えられています。物理的な負荷だけでなく精神的緊張も肩こりの原因になります。この場合「睡眠障害」「歯ぎしり」などの症状もあわせて起こる場合が多いようです。ストレスを減らすことも重要ですが、さらに大事なことはストレスに対抗する力を増強させることです。

肩こりの施術

西洋医学的には、薬物療法、理学療法(運動療法、マッサージ、温熱療法、電気療法)が行われます。 最近ではペインクリニックで神経ブロックを行い、首や肩などの辛さのある部位や、症状を脳に伝える神経近くに局所麻酔薬を注入し、交感神経を抑制するなどの方法もあるようです。

東洋医学的には肩こりだけ=局所のみを考える。というより身体全体の症状を改善させることにより結果的に肩こりも解消させていきます。 療法には、漢方、鍼灸、按摩、指圧、気功(呼吸法や瞑想)、薬膳などがあげられます。当然、局所に対する施術と、全身へ対する施術を症状に応じて使い分けることもありますが、多くの場合、全体的な視点(症状を俯瞰して捉えてから)から肩こりの症状の根本改善を目指す施術を行っていきます。
※ 当施術の効果には、個人差があります。

肩こりの対策方法

肩こりの原因である筋肉の緊張や疲労を引き起こす最大の要因は、前述したとおり血液の循環障害です。様々な原因により血行不良を起こし、二次的に肩こり症状が出てくると考えていただけると良いと思います。

日常生活の中で血流を良くする方法としては、食生活の改善や身体を温めること、軽い運動やストレッチをすることなどがあげられます。食生活を改善するといっても大幅 に変更するのではなく、バランスよく彩り豊かに食べるように心がけることから始めると良いと思います。

また、簡単に体を温めることができてお勧めなのは足湯です。45℃の熱めのお湯に30分足を入れてみてください。体が温まってくることを実感できるはずです。この他にもテレビやインターネットを通じて多くの血行を良くする方法があふれています。三日坊主では、なかなか循環の改善は起こりません。“自分でもこれなら毎日続けられそうだ。”と思えるものを探してみてください。これらを続けると少しずつ肩こりも和らいでいくでしょう。効果はご自身の実感でしか分からないかもしれませんが、客観的に判断するのであれば基礎体温を測っておいても良いかもしれません。 肩こりは長年の疲労などが蓄積した結果であることがほとんどです。上記のような対策をしてもすぐに完全に良くなるということは稀ですので、頑固な症状の方はやはり専門家の施術を受けることをお勧めします。 ※ 当施術の効果には、個人差があります。

当院の施術の流れ

当院の肩こりの施術は、鍼と骨格調整を中心とした施術となります。

ヒアリング
1. ヒアリング
まずはその方の症状原因をしっかりと見極めるために、ヒアリングをしていきます。
検査
2. 検査
簡単な動きの検査法をします。
説明
3. 説明
どういった原因で症状が出ているか、説明をしていきます。
鍼治療・骨格調整
4. 鍼治療・骨格調整
ベットで行ないます。
各種補助療法
5. 各種補助療法
原因に基づいて、必要な療法を組み合わせます。
計画
6. 計画
今後の内容や来院ペース・回復の期間などを具体的に説明します。
予約
7. 予約
次回の日時の予約をします。
メールフォームからお問い合わせ